町内会の催しものを通じた男女の出会いについて

町内会の催しものを通じた男女の出会いについて

私は生まれてから現在までずっと同じ所に住み続けています。そして、私と同じように地元にずっと住んでいる友人が大勢います。

 

その連中とは小学生からの付き合いで現在も続いており、腐れ縁というヤツです。私が居住している地元は祭事が盛んなところで、年に数回、催しものが町内であります。

 

その都度、集まる同世代のメンバーは学生時代までは殆ど同じでした。ただ、成人して社会人になり交際関係が広くなると、町内の催しものに、友人が外部で知り合った人間を連れてくるようになりました。

 

連れて来られた方々は、殆どの人が実家から上京して働いている方々が多く、私達の地元の様に長い付き合いで、こういう催しものに参加しているのは珍しいと思うし、羨ましいと思ったと感想を持った方が多いようです。

 

町内の催しものは、祭事で神輿を担いだりするのですが、新しくきた方は神輿を担いだのは初めてという方が殆どで、最初は嬉しそうに担ぐのですが、思ったよりキツイらしく、大抵、次回は見学という方が多いです。

 

神輿を担いだ後は、地元の友人と打ち上げにいくのですが、初めて参加した外部の方々と会話する事は結構、面白いです。

 

そして、その縁で友人は新しく催しものに参加した方と付き合ったりしてしまったり、色々あります。こういう町内会の催しものは、人の縁が薄くなった最近では、若者が参加する機会は少なくなったと思いますが、意外にこういう催しものを通じて、男女の出会いがあったりします。

 

男女の出会いが少ないと嘆く方は、ちょっとした町内でも何でもいいので、催しものに参加してみては如何でしょうか?