私がある女性と出会い、肉体関係を持った時の話

私がある女性と出会い、肉体関係を持った時の話

彼女と出会ったのは雨のそぼ降る夜の日の事でした。

 

私は会社帰りに駅前にあるラーメン屋に立ち寄り、いつもの様にラーメンと小鉢の丼をたいらげて外に出ました。

 

そしてタバコを吸おうとラーメン屋の近所にある喫茶店に入り、ブレンドコーヒーを飲みながら駅に出入りする人の流れを眺めていたのです。

 

人の流れを眺めている時にふと私は人の流れの中で立ち止まっている一人の女性に気が付きました。

 

彼女は年齢が20代前半、黒髪のヘアスタイルにコートを着た日本的な顔立ちの女性でした。

 

一人で駅に出入りする人の流れの中に立っている彼女を見て私は彼女に何か悲しい事でもあったのかと感じました。

 

そして声をかけずにいられなくなってしまい、喫茶店を出て思い切って彼女に声をかけてみたのです。

 

「どうしたの」、と。

 

すると彼女はいきなりスーツ姿の背の高い男性に声をかけられて驚いた様子でしたが、すぐに「疲れちゃって、何でもないんです」と答えてきました。

 

私は「どこかで休んだ方がいいんんじゃないですか」と彼女に声をかけると、彼女は「そうかもしれない」と答えたのです。

 

私はこの時点で彼女に肉体関係を求める心がある事を察知し、後は多くを語らずに彼女の肩にそっと手をおいて「じゃあ、ちょっと休める所に行きましょう」と優しく言うと、彼女は黙って頷き、私と一緒に歩き始めたのです。